Works

蒜山耕藝 リーフレット

○ 内容:ブランディング、アートディレクション、デザイン、イラスト、撮影
○ 制作物:リーフレット
○ 制作年:2014年・2016年

蒜山耕藝との出会いは2012年に遡ります。
ネーミングに始まり、ブランドづくりの手伝いをさせていただき、
訪問の際には、美味しいご飯を食べて、温泉に入って、お酒をいただいて、
仕事以外に、政治の話や個人的な悩み事などまで、
愉しく、真剣に語っています。深呼吸をするみたいに。

藝の語源は、人間が植物を植え、食べものをつくる姿です。
無農薬・無肥料の自然栽培に取り組んであるのですが、農法のことよりも蒜山耕藝の心の底からわき上がってくる
ものづくりの楽しみを一番に伝えたいと思いました。

このように以前のサイトの記事(2012年12月)に書いていますが、そのスタンスは今も変わりません。
それは蒜山耕藝の高谷夫妻の軸が、ずっとブレていないから。
最初に制作したリーフレットは、お米と丸餅を紹介するためのものでしたが、
今では様々な加工品や、彼らの活動拠点「くど」まで、紹介することができています。
お二人の夢を実現されていく姿にいつも勇気づけられます。
そして、彼らには愉快な食いしん坊仲間が集まっていて、蒜山が桃源郷と化しています。
このリーフレットはずいぶん前に作成しましたが、修正を加えバージョンアップを続けています。
今年は新たに最中の皮のパッケージが完成しました。
次は、どんなことか書き込まれていくのかとても楽しみです。

2016年から刷新しているリーフレット



2014年に制作した初代リーフレット
主軸のお米と加工品がお餅だけで、蒜山耕藝の想いを伝えたものです。
縦に開いていく折加工になるので、どうしても裏表紙の面は開いた時に、天地が他の面と上下逆転してしまいます。
そこで、食卓を俯瞰で撮影した写真だけを載せる策を取ることで、上下逆転の違和感を解消しました。
このリーフレットは今は利用されていないですが、お気に入りのデザインです。